鷲尾英一郎の日記

鷲尾英一郎衆議院議員(民進党新潟県第2区総支部長・党県連代表)の公式ブログ。鷲尾英一郎本人更新

MENU

加速するタコツボ化 フィルターバブル

f:id:washioeiichirou:20170804093726p:plain

 

高校生の書いた取材記事を「チルドレンズ・エクスプレス〜インターネットは民主主義の敵か、味方か」を読みました。

 

フィルターバブルについて中心的に書かれている。インターネットでの検索アルゴリズムは、似通った情報をつなげる機能があるがゆえに、見たいものしか見なくなるリスクが大きくなる。

 

情報がタコツボ化すれば、必然的に人の意見もタコツボ化していく。

 

つまり、同じような意見を持つ人は、同じような情報に触れるばかりで、全く違う意見情報に接する機会が少なくなってしまう。

 

自分自身がフィルターバブルの中にいることを自覚していかなければならない時代だということだろう。

 

人間自体がそういう側面を持つのに、人間が使う道具がそれを加速化させている。

 

民主主義が全体主義に陥り易い時代なのかもしれない。

 

そう考えると2005年以降の日本政治のスイングぶりももしかして、、、。

中越沖地震から10年 、柏崎の花火

f:id:washioeiichirou:20170804093231j:plain

(写真は2015年のものです。)

 

今年の柏崎の花火は、長岡の花火は見たことあるけれど柏崎の花火は見たことがない仲間を何人も引き連れて、海辺にてじっくりと観賞することができた。

 

中越地震から10年柏崎海の大花火大会|新潟日報モア

 

これまで見た柏崎の花火の中でも、条件の良さと相俟って最高の花火だったと思う。

ふと思えば中越沖地震が発生して10年が経っている。数多の苦労を乗り越え、地域は復興している。

 

時の政権は第一次安倍政権だった。私も議員活動を始めたばかりの当選したての1期生。ひよっこだった。

 

時の移ろいと地域の復興の歩みを海の花火に重ねて思った。

民進党代表選挙と内閣改造

f:id:washioeiichirou:20170804091218j:plain

蓮舫氏は辞任したが、稲田氏の辞任がより大きな話題だった様に思う。この1年というもの、戦略なき場当たり的な党運営が、党勢を削ぎ、多く支援者を離反させたように思う。

www.jiji.com

 

今回の内閣改造によって安倍政権は仕事をこなしながら、支持率を少しずつ上げて行こうとしているように感じる。解散はこの改造で遠退いた気もする。

www.kantei.go.jp

 

しかるに、これから行われる代表選挙でわが党も新しい体制となるわけだが、せめて主体的建設的に世論に訴求する政策メッセージを出し続ける執行部であってほしい。

 

流れに乗って批判するのではなく、メッセージを出し続けて流れをつくっていく姿勢こそ臨まれる。

 

そう考えていたら、また離党者が出るようだ。代表選挙直前の離党は余程の理由と考えるが、果たしてどれ程のものだろうか。