鷲尾英一郎の日記

鷲尾英一郎衆議院議員(地元出身!県民党として動く! 筋を通し行動する!)の公式ブログ。鷲尾英一郎本人更新

MENU

民進党の危機管理が心配

 

f:id:washioeiichirou:20170910113938j:plain

前原新執行部が発足。いきなり所属議員のスキャンダルに見舞われ、来週にも離党者が出るとされている。 特に幹事長候補とされた知名度の高い若手のスキャンダルとあって、党の対応や本人の対応に、擁護したり批判したり様々な反応がある。

 

私は詰まる所、党の危機管理の問題と考えている。

 

人間は誰しも年を取れば取るほど色々な問題に直面し、問題を抱えていることが多い。

党の幹部に登用するなら、よほどの身体検査が必要だ。任命責任を政府与党に問う野党であれば尚更である。

 

その初歩が出来なければ国民の信用を野党が掴むことは出来ないのだ。

それから、来週にも離党する方々がどんな大義名分を掲げるか見るのが楽しみである。

私見ではあるが、人として仕方ないのかもしれないが、この党は本当に情実人事が多い。

そういった党のガバナンスはいつ出来るようになるのか見物だ。

そういう点も離党の理由にも入っているのだろうか?

 

情実人事について 

情実の例を幾つか。細野豪志氏は離党を認め、長島昭久氏や横山博幸氏、木内孝胤氏は除籍。対応に差が出ているが、基準が全く分からない。つまり情実と非難されても仕方がない。

 

加えて、今度離党する人には刺客を立てるそうだ。他方、山尾氏の選挙区は例外とのこと。この発言は早計の様に思う。

 まずは愛知県第7区総支部の意見を聴取するとともに、今後の状況の推移を見守らねば例外とは出来ないはずだ。こういう所に、まさに情実は潜む。

 

組織のルールの第一は人事の基準である。上のしかるべき立場にいる人は人事のルールを組織構成員にしっかり周知させるだけで、まとめることが出来るだろうに、それをなぜかやらない、できないのがこの党である。