鷲尾英一郎の日記

鷲尾英一郎衆議院議員(民進党新潟県第2区総支部長・党県連代表)の公式ブログ。鷲尾英一郎本人更新

MENU

外交安全保障と皇室に対しての、日本人の危機意識の低さ


f:id:washioeiichirou:20170524131803j:image
今ほど日本人の危機意識が問われていることはない。
「江戸いろはかるた」にあるように「喉元過ぎれば熱さを忘れる」では国民生活の安定が根底から覆されてしまう。
それが東日本大震災では顕著に表れた。被災地では、明治以前からの古い神社のお社のある場所では津波に飲まれることはなかった傾向があるとされる。もちろん、原発事故は全電源喪失となる事態を想定していなかったことが、今でも福島に深い爪痕を残している。
このように危機管理に思い込みを持ち込んでしまうのが日本人の性質だが、今後、災害や原発では改善できても(それすら危ういかもしれないが)、今や、外交安全保障やご皇室にも危機が迫っていることを冷厳に受け止めているかというと、甚だ心もとない。
北朝鮮がミサイルを日本に打ち込むことはあり得ない、とか(昔は拉致問題自体があり得なかった)、アメリカが中国と手を結び同盟国である日本を置き去りにすることはあり得ない、とか、希望的観測はいくらでも成り立つが、結局、単なる安全神話でしかない。あらゆるシナリオを検討することが危機管理であり、危機管理に対処することこそ、政治の責任である。
皇室における安定的な皇統の継承は、悠仁親王殿下の御代で解決できる、という希望的観測も排除すべきである。
北朝鮮有事の際には、国県市がどのように連携するのか、国民生活を守るために何が必要となるのか。先月の4月24日、国会で質問したが、早速、地元燕市で6月12日に避難訓練が行われることになった。国会での質問が政府の避難訓練につながったものであり、評価したい。
もっと言えば、北朝鮮有事で大量避難民が発生した際どうなるのか、原発が狙われた場合にはどうか、テロとミサイル両面から考えて詳細なシュミレーションをすべきと考える。もちろん、拉致被害者、特定失踪者等をどのように救出するかも当然想定しておくべきだ。
眞子内親王殿下がご婚約される予定だ。いずれ皇籍離脱されることを考えると皇統の安定的な継承という問題にすぐに対処すべきと考える。